Never too late

いつも夢を追いかけてる ガキみたいなヤツのストレートな思いを綴ってます

あれから1年…②(エムブロからの転載)

 

前回同様 これを掲載したのが今からちょうど4年前の…

 

2012/12/1

 

の話です…

時間の経過等は4年前ということを考慮してご覧下さい…

 

 

 

 

 

 

…続き

 

俺の店で仕事を始めてそゆ仕事振りやから ほぼ希望通り入店してて…

1日あたりの時間は少ないけど 日にち的にはそこそこ入ってるから 店での出来事とかほぼ知っててな…

俺もOくんに聞くくらいな時もあった…

 

俺が店を辞める2年前の秋やから…

2002年の秋から俺が店を辞める2004年の8月までは当然で…

Oくんはその後も直営店になっても 次のオーナーが来てオーナー店になってもずっとバイトとして仕事してた…

 

 

亡くなるまでな…

 

 

で 俺は結局店を辞めたわけやけど…

辞める前3ヶ月…いや 5ヶ月前からかな…

離婚してからが地獄やったけど やっぱり始まったのは別居してからかな…

めちゃめちゃしんどい時期やって…

 

別居した2004年の3月の終わりに ヘルニアが悪化して歩かれへん状態になって…

たまたま悪化した時にOくんが入店してて Oくんが行ってる指圧院を紹介してもらってな…

朝6:00からやってて 仕事で深夜明けにすぐ行けるから かなり重宝してな…

それからは常に俺のヘルニアのことを気にしてくれてな…

去年…

 

 

最後にご飯食べた時もな…

 

 

その後 4月の終わりにとある《決定的》なことがあって 離婚に進むわけやけど…

日々かなりしんどくてな…

何がしんどいって 離婚云々ってなってる二人が…

 

 

オーナーと店長

 

 

なわけやからな…

 

後々 このことで精神的に参ってまうねんけど…

俺自身《決定的》なことがあって以降 だんだん人間不信になっていってて…

そゆ中で…

 

 

2004/6/14に離婚

 

 

した…

 

離婚するってことで 店は手放すことになってんけど…

それが9/1に直営店にタイプ変更ってことで ~8/31までは俺の店なわけ…

だから残りの2ヶ月半 今まで通り店をやってくわけやねんけど…

それからが地獄やった…

 

一応 俺は恐いオーナーで通ってて 人によっては直立不動まではいかんけど それに近いものがあるバイトも居ったりしててな…

特に 礼儀とか言葉遣いとかにはうるさく言ってて…

あと 声の大きさもかな…

 

声に関しては入店前に 【誓いの言葉】と【接客6大用語】ってのを復唱してから入店するねんけど…

声が出てないとやり直し…

それでも出なければ 店外の駐車場で練習させててな…

最終的には泣き出すバイトも居ったけどね…

 

深夜時間帯の人手不足の話でも言ったけど 仕事の質を落とすことでの妥協はしてなくて…

だから俺の店の仕事は楽じゃなかったと思う…

そゆ感じやったから バイトからしたら厳しく感じたんとちゃうかな…

 

だから 挨拶なんか出来て当然やってんけど…

 

離婚する前は普通やったのが 離婚した後 ちと様相が変わってきて…

俺が店に行って挨拶したって バイトから返ってこんようになってな…

最初はいつものように怒っててんけど…

途中で原因が分かって…

それは何かと言えば…

 

 

前のカミさんがバイトを囲ってた

 

 

ってこと…

 

要は バイトに対して俺のことのあることないことを 吹聴しててな…

洗脳に近いもんがあって…

とにかく言っとくと 離婚前に民事に強い弁護士のとこに相談に行って…

話を聞いてもらって言われたのが…

 

 

最低で慰謝料○○○万円は取れる

 

 

って 言われたわけ…

 

中身は言わんけど…

前のカミさんが一方的に悪いとかは思ってない…

ただ裁判すると結果はそうなると…

 

だから店の中でそゆ風に言われてるって知った時

 

『そうじゃない』

『違うねん』

 

って言いたかったけど…

 

 

敢えて言わんかった…

 

 

言ったらガキのケンカと一緒やし…

何よりも 店の中がバラバラになってまうって思ったからな…

とにかく俺が我慢すればいいだけやなって決心してん…

例え時間がかかったとしても 分かってくれる人は分かってくれるって思ってな…

 

だからこれっぽっちも反論せんかって…

そしたら だんだんと調子に乗るというか何というか…

前のカミさんも饒舌になるし 囲ってるバイトも多くなるし…

バイトまで調子に乗り出して…

最初のうちは返事がない程度やってんけど…

そのうち 店の中のバックルームで俺に聞こえるように 俺の悪口を言い出したりし始める始末…

ある時には 直接俺の携帯に俺の文句を言ってきたり…

またある時には 何かのサイトに俺の携帯のアドレスを登録したか何かで 迷惑メールが1時間に200通くらい受信したり…

っでも 俺はオーナーで俺の店やから 毎日店には行ってて…

 

 

耐えてた…

 

ただ ひたすらに…

 

 

めちゃめちゃキツかった…

ホンマにキツかった…

 

余計に人間不信になりよった…

 

結局 ~8/31まで俺の店ってことになって 9/1~は直営店に移行って決まって…

直営店になるために 8/1~本部の社員が入店してくれるってなったから 俺が入店するのは実質~7/31までやってんけど…

離婚してから1ヶ月半の間は 毎日がホントに生き地獄やった…

多分 俺の人生の中であれ以上のキツいことってないと思う…

 

そゆ四面楚歌の状況の中 変わらず俺に話してくれたバイトが2人居って…

1人はFさん…

で もう1人がOくんやって…

実際にOくんも前のカミさんから色々と話があったらしい…

前のカミさんだけでなく 他のバイトからも俺に関する話を聞かされたけど…

Oくんの中で思ってたのが…

 

『オーナーはそんな人じゃない』

『オーナーが黙ってるのは何かある』

 

って思ってたらしい…

で 誰も挨拶すらしない中 Oくんが話かけてきてくれてな…

俺がその時言ったのが…

 

『俺に話かけたら俺と同じ扱いになるから 直営店に移行した後も続けるわけやし 色々とやりにくくなるぞ…』

『だから話かけんでええよ 気持ちだけ受けとっとくわ』

『ありがとう』

 

って 言ったわけ…

直営店に移行した後も だいたいの従業員が残る予定で…

当然Oくんも残るから 色々やりにくくなるやろって思ったからな…

 

俺はそゆOくんの気持ちだけで嬉しかった…

ホントに嬉しかった…

涙が出そうなくらい嬉しかった…

基本的に俺は寂しがりやから その時の店の状況って一番耐え難い感じやねん…

 

でもOくんは…

 

『僕はオーナーを信じてます』

 

って言ってくれてな…

 

言葉にならんかった…

 

続く…